FXの売りから、ない通貨を売るとは? ( toadmin posted on 6月 9th, 2014 )

FXでは売りから入る、という言葉があります。これはまだ持っていない通貨でも、価値が今高い場合には、先に売ることで、安くなったら買えばいいという考え方からきています。売りから、というと何もないものを売るように感じますが、これは通貨を一度借りるということだそうです。


FXでは同じ通貨しか貸し借りできない

しかしこの貸し借りでは一つ、同じ通貨しか貸し借りしないというルールがあります。オーストラリアドルが高いので売りたいとしたら、オーストラリアドルをかりますが、かえすときも、オーストラリアドルでなくてはいけない、ということです。また、FXは売買がセットになった投資です。買った通貨は必ず売り、売った通過は必ず買うこと、ここまでがセットなので先に売ったものは買えばいいとなります。


安く買い、利益を出す

安くなったときに買い利益を出すことを、買戻しといいますが、これは売買がうまくいったときのことになります。もちろん、通貨の価値が今よりもずっと高くなってしまえば、買っても損をしてしまうという可能性も充分にあるそうです。原則としてFXの売買では、売買差額を自分の利益とするものです。安くなっている通貨は買う、高くなっている通貨は先に売るという方法で利益を追求します。入門者も、この仕組みを使うと買うタイミングを待つ必要がないそうです。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: FX 入門

FXのレバレッジで大きな利益が出るって本当? ( toadmin posted on 6月 9th, 2014 )

FXではレバレッジという仕組みで、証拠金よりも大きなお金を動かすこともできます。これはてこの原理を活用したもので、日本の会社では最大で25倍までと決まっているそうです。過去にこの上限はありませんでしたが、高くすることでリスクも上がってしまうため規制されるようになりました。


FXのレバレッジはリスクと比例関係

FXのレバレッジでは、証拠金にレバレッジをかけた金額分のトレードができます。100万円の証拠金で開始する場合、10倍であれば1000万円の外貨為替の売買を行なえるということです。もちろん、利益も大きく出すことができますが、リスク面は高くなり、レバレッジの分だけマイナスが出たときも大きくなります。入門者は簡単に、高いレバレッジをかけるということは、リスクも高くなると考えましょう。


ハイレバでトレードをしたい人はどうする?

しかし、個人でのトレードでは25倍までという制限があります。そこで注目されているのが、法人でのトレードです。法律では個人トレーダーへの制限という考え方なので、法人名義にしてしまえば、レバレッジに現時点で制限はありません。また個人で海外の会社などを利用してハイレバのFX取引を行うという人もいるそうです。ハイリスクになりますが、それでも一度のリターンを大きくしたいなどの場合には法人契約や海外FX業者の利用で解決できるそうです。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: FX 入門

FX口座は複数管理でメリットだけを ( toadmin posted on 6月 9th, 2014 )

FX口座はインターネットから簡単に開設できることも、FXが入門者にも優しい、簡単に始められるという大きな理由になっているという声があるそうですが、このFX口座は、一つの会社だけに絞るという考え方をしなくなっているそうです。


情報用、トレード用、FX口座は使い分ける

トレードになれていない頃、ある程度外貨為替取引の仕組みが分かったとき、というものでも、口座を選ぶ方法や判断基準なども大きく変わるかと思います。最初のうちは取引手数料がかかる会社でも、安心して頼れるサポート体制の手厚い会社がいいでしょうし、慣れてきたら、手数料などがなるべくかからない会社を使うほうが、利益は出しやすいといえます。


セミナーなども開催されている

FX業者では、外貨に関する勉強会などを積極的に開いているところもあるそうです。専門家のセミナーなどを行う会社もあるので、情報収集や勉強に使う口座は、そのためだけに保有するという方法で、複数の口座のいいところだけを使うという方法が、最も効率がいいと言われることもあるそうです。自分がトレードをするのは安く利率のいいところで、情報は他で、と自分の口座は複数個所有し、役割を分担しましょう。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: FX 入門

FX入門者がトレードを行うときは朝がいい? ( toadmin posted on 6月 9th, 2014 )

副業などでFXを始めるといっても、入門したばかりであれば余計に、市場の性格などは知らないものです。FXでは24時間の間に、市場が世界を移動します。ニュージーランドのウェリントン市場をスタート地点に、そこからシドニー、東京、香港などのアジア市場、日本時間の午後にはドイツのフランクフルトへ行き、ニューヨーク市場を最後に一日を終えます。


FX初心者は朝のトレードで慣れよう

日本時間に合わせて考えると、朝の9時過ぎから開始される東京市場、10時から開始する香港やシンガポールなどのアジア市場が、最初はおすすめなのだそうです。ここには癖の強い投資家などが少ないことから、テクニカル分析などでもセオリーに乗っ取ったトレードが最も通用しやすい市場という声もあるそうです。


夜のトレードは注意を

イギリスのロンドン市場に入るころ、日本ではちょうど夕方くらいを迎えます。夜の22時くらいにはニューヨーク市場も開くことから、この時間帯、深夜帯のトレードを行うという場合には、注意が必要になってくるという声もあります。海外では外貨を大量に購入している個人トレーダーなどもいることから、予想外の値動きをすることもあるそうです。市場の個性などを勉強しておきましょう。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: FX 入門

FXの外貨ペアを選ぶコツとかはあるの? ( toadmin posted on 6月 9th, 2014 )

FXではスワップポイントという利益があります。これは長期トレードを行うことで利用できるもので、ニューヨーク市場からロールオーバーさせた外貨につく金利を利益にするというものです。金利そのものはそんなに高くないようですが、これは毎日つくものなので、長期で外貨を持つことで利益を大きくすることができます。


FXの外貨ペアは情報がいのち?

FXで外貨ペアを組むには、まずその外貨の情報ができるだけ入ってくる方が入門者にとってはトレードの判断もしやすいということもありますから、メジャー通貨と呼ばれるものを選ぶほうがいいと考える人も多いそうです。アメリカドルなど流通している量が多いほうが、たくさんの情報を得やすいという考え方をするそうです。無料セミナーなどで、外貨の情報などの勉強会を行うFX業者もあるそうです。


金利をつけるとお金がかかる通貨も

注目を集めているのが中国の通貨です。しかし中国で流通している通貨の一部には、世界に中国のお金が分散してしまう危険を考えて、ロールオーバーをかけるとお金がかかってしまう通貨もあります。これはチャートの状態や、その外貨の価値などに関係なく、国の銀行が設定しているものなので、マイナー通貨と呼ばれるものを扱う場合には、特例のある通貨には十分注意が必要なのだそうです。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: FX 入門

top