FXでのロスカットってとういう意味? ( toadmin posted on 10月 20th, 2015 )

FX初心者でも気軽に行うことができる投資だと言われています。しかしある程度知識がないとFXで勝つことは出来ません。
今回はFX取引を行う上で必ず覚えておきたいロスカットについて説明したいと思います。ロスカットは取引する時やリスクヘッジする時には必ず出てくる用語なので必ず覚えておきたいですね。


○FXには自動で決済される仕組みがある○

FXは他の株時期投資や投資信託と同じように元本保証されている金融商品ではありません。つまり多くの損失を負ってしまうことも充分に考えることが出来ます。そこで気を付けたいのがレバレッジです。このレバレッジを掛けた状態で球技気に為替変動した時に、想像以上の損失を負ってしまいます。
特にこの投資は24時間取引することが出来るので、少し目をはなしたすきにとんでもないことになっているケースも考えられます。
最悪借金をしてしまう投資家もいるかもしれません。このような事態を防ぐためにロスカットという制度が出来たのです。
ロスカットは証拠金の20パーセント以下になると、持っているポジションが全てを自動的に決済されてしまいます。このロスカットは実は各取引会社によっても多少異なっています。証拠金が30パーセントでロスカットする会社もあれば、自動決済をせずにメールで連絡するのみといった会社もあります。
私はFXの世界に入門したばかりの投資家は必ずロスカットがしっかりとした会社を選択した方が良いと思います。
最初この世界に入ってくる人は大きな利益を上げるためにレバレッジを高く設定する場合が多いです。レバレッジを高めに設定しているという事は、その分大きなリスクを負っていると同じ意味を持っています。そもそも始めたばかり方が高いレバレッジを掛けること事態おすすめすることが出来ませんが、どうしても高いレバレッジを掛けたい人は必ずロスカットをしてくれる取引会社の利用をする事です。


○もう一つの自動決済する方法○

ロスカットは先ほど言った通り、決済される数値は各取引会社によって異なります。もっと早い段階から損失を抑えたいという方は、ロスカットのほかにもう一つ方法があります。それは逆指値注文です。逆指値注文によって、通貨の価格が指定した金額まで下がれば自動的に売りのポジションを取ってくれるので、意味合い的にはロスカットと同じです。逆指値注文がロスカットよりも優れている点は、自分で金額を指定することが出来るからです。
どの程度の損失に抑えたいかは各投資家によって違うと思います。
実はこの逆指値注文はFXで一番大事なことだと言われています。FXの世界に長年いる投資家は逆指値注文の使い方が抜群に上手いという特徴を持っています。もしあなたがこれからもFXを続けていきたいと思っているなら、まずリスクヘッジについて学ぶ必要があるかもしれません。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: FX 入門

top